専門家でも自分でも

潤った肌

女の子が化粧をする時に使うのがまつげエクステです。エクステとも言いますが、市販されているものは付けまつげと言います。これはまつげを専用ののりで貼り付けるものです。まつげの種類がたくさんあります。上まつげ下まつげの長さが違うためそれぞれタイプが異なるものを取り揃えて販売しています。そしてまつげエクステはサロンで付けてもらうことが出来ます。髪に付けるエクステと似ていてまつげにも束ごとに付ける形となっています。付けてから1ヶ月くらいは持ちます。洗顔する際にゴシゴシ洗ってしまうとせっかく付けたエクステが取れてしまうので優しく洗うことが必要です。デリケートな分慎重に扱うことが大事だということかもしれないです。

まつげエクステはサロンでやるほかにも自分でやる方法もあります。自分でやるためには、付けまつげと接着のり、小さいハサミが必要になります。ハサミは眉毛カットに使う物でも大丈夫です。まつげは量が多いものやナチュラル系まで様々ありますから、好みで選んでいただけたらと思います。眉毛幅は標準サイズでできています。ですので、瞼に合わせたときに大きいときもありますし、そこはハサミでカットして調整してください。ある人は目じりだけに付ける人もいます。つけまにのりを付けたら少し乾かして瞼に貼ると剥がれにくくなるそうなのでやってみてください。サロンでまつげエクステを付けてもらう場合には自分でやるよりも費用がかかることを知っておいてほしいと思います。